外壁塗装も立派なリフォーム

【更新日:2017-08-15 14:50:31】

リフォームを計画すると、ついつい水回りや家の内部の補修・利便性向上から考えてしまうのですが、ある意味それ以上に重要と言えるのが家の外壁塗装のリフォームです。

家の外壁の塗装にひびがはいっていたり、コケが付着していたり、手で触った時に細かい粉がついてくるようなら、すぐにでも外壁リフォームをした方がいいでしょう。

外壁が多少汚れていても、住むには問題ないからと思われるかもしれませんが、実は問題が大ありです。外壁の塗装は家の外観を美しく保つだけではなく、家の外壁を風雨による浸食から守ってくれているからです。

屋根も同様で、劣化すると屋根の鋼板がさび付いたりして、雨漏りの原因になります。雨漏りなどで湿気が屋内に入り込むようになれば、リフォームどころか最悪建て替えですから、外壁や屋根を先にリフォームすることは重要だと言えそうです。

最近では塗料も性能がよいものがあり、20年近くの耐用年数のものもあるのだとか。もちろん、気候などにもよりますがので10年~15年くらいで見積もっておくべきかもしれませんが、一般的に最初に使われている塗料は5年程度の耐用性だと考えると、じゅうぶんすぎる耐用年数です。

遮熱性が上がる塗料や、光触媒によって汚れをつきづらくする塗料も開発されているそうです。たかが外壁塗装といえども、馬鹿にできませんね。

外壁を綺麗にしておくと、見た目も綺麗で家の資産価値を高めることにもつながりますので、外壁が古びてきているようなら、まずは外壁塗装リフォームを検討すべきかもしれません。

ピックアップ

リフォームの内容によっては補助金も出るらしい

【更新日:2015-09-15 11:01:19】

リフォームしようと思ったとき、あっちにこっちにと、次々にリフォームしたい箇所が出てくるものです。そんなこんなで、結局、住宅全体をリフォームするなんていうこともありますね。でも、住宅全体をリフォームするとなるとお金がかかって仕方がありません。そこで、そんなときには、地方自治体にリフォームの補助金申請をするといいかもしれません。

地方自治体でリフォームの補助金を出してくれるなんて初耳、って方もいるかもしれません。そんなに便利な制度があるなら、もっと知られていても良さそうなものだと思いますよね。実は、地方自治体がリフォームの補助金を出してくれるのには、ある条件が必要になるため、みんながみんな利用できるわけじゃないんです。

その条件とは、エコのためのリフォーム、あるいはバリアフリーのためのリフォームであることです。詳細な条件は地方自治体によって異なりますが、例えば、浴室や便所を広くしたり、階段を改良したり、そうしたリフォームが補助金の対象になっています。ご高齢の家族がいる方や、老後のことを考えたリフォームをする方なら、比較的条件は満たしやすいのではないかと思います。

わざわざ、この補助金を目当てにリフォーム項目を増やす必要はないと思いますが、もしかしたら当てはまるかもと思ったときには、調べて申請してみると思います。補助金の額も決して少なくありませんので、きっと、リフォームの大きな手助けになると思います。

ピックアップ

リフォームを自分でDIY

【更新日:2014-05-26 09:01:35】

家のリフォームをしようと考えてると、業者に頼んだ方がという人と自分でやった方が安くすむからという人でわかれると思います。当然ですが、リフォーム業者の方がキレイな仕上がりになる事でしょう。

自分でやるなら、まずはホームセンターなどに行って材料やできる範囲までを考える必要があります。業者でないと扱っていない材料などもあったりしますので、全部をやろうとするのではなく、一部をやろうと思っておいた方がいいと思います。

DIYでリフォームするなら、簡単なのが壁紙です。のりが付いているタイプの材料が売っていたり、初心者でも簡単にできるタイプも多くありますので、最初は簡単な場所をやる事からでいいと思います。

リフォームをするのにも、資格が必要な箇所も多くあります。自分でここまで、リフォームしましたなんてのを見る機会があるでしょうが、資格などがいらない場所だったり、リフォームした人が資格を持っていたりなんて事もあります。

自分でリフォームは簡単な場所をやる事だと決めておかないと、できない場所までやって高くついてしまうなんて事もありえますから、注意しておきましょう。

リフォームする上で条件とかってあるの?

【更新日:2014-03-18 13:46:32】

家のリフォームがしたいと考えた場合、自分の家なのだから自由に出来るはずと思いがちです。しかし、リフォームする上で条件がある可能性もあるのです。

例えば、マンションの場合です。マンションは水回りを一切動かすことが出来ません。配管などをさわれないため、同じ位置で浴槽だけを変えたり、キッチン本体を変えたりすることしか出来ないのです。西側にあるキッチンを東側に移したいと思っても不可能です。また、窓を増やしたり減らしたりすることも出来ません。窓サッシ自体もリフォームすることは出来ません。窓もベランダも玄関ドアもマンションの共有物であるためです。

一戸建ての場合も条件があります。例えば、ツーバイフォーの場合は壁で支えているため、窓を新たに増やすことは不可能です。部屋の間取りを変えることも出来ません。木造、鉄骨住宅の場合は比較的自由に出来ますが、階段を鉄骨でつくっている家の場合は階段の移動は不可能になります。 このように、家をリフォームする上での条件は様々にあります。これらをふまえた上で計画をする必要があるのです。

リフォームとリノベーションの違いについて

【更新日:2014-03-11 03:31:40】

家の内装を変えたいと思った時に、最近ではリノベーションという言葉が思い浮かぶという人が増えてきています。

この言葉はリフォームと何が違うんだろうと思っている人も多いでしょう。

リフォームというのは、老朽化してきた建物の性能を新築当時の状態に近くなるように戻してくことです。

例えば壁紙が剥がれてきたから、新しく貼り直す等がこれにあたります。

それに対してリノベーションというのは、元々あった状態に、付加価値をつける事を言います。

ですから、リフォームよりもっと大掛かりになる事が多いです。

最近人気のリノベーションは、和室を洋室に変えたりする事が多いです。

家の配管工事といった大掛かりな工事から、壁紙や板材を使用して見た目を大きく変える手法など、その規模は様々です。

このように、現在の日本では、建物を再生させる事をリフォーム、建物を改装する事をリノベーションと呼ぶ事が増えてきています。

ただこれは日本特有の呼び方で、海外に行くと家の改築改装は全てハウスリノベーションと呼ぶ方が多いです。

リフォームにかかる費用相場って?

【更新日:2014-03-04 18:37:34】

持ち家の方なら家のメンテナンスが気になることと思います。全ての分野においてあてはまることですがメンテナンスは早ければ早いほど後々の負担が軽くなります。

ですが家のリフォームとなると出費が大きく何度もやり直せるものではないので慎重に、よく計画を立てて行う必要があります。ではリフォームの費用相場はどれほどのものでしょうか。

家の中でまずリフォームが必要になってくるのは水回りです。早ければ築15年、大体のご家庭では築20年前後でリフォームされます。

水回りにはキッチン、お風呂、洗面、トイレが含まれます。キッチンだけの工事なら70~120万円、お風呂と洗面は80万~150万円、トイレは30~60万円ほどかかります。

あくまでもどのような器具を設置するかによって大幅に値段は変わってきます。次に多くの方は外壁塗装を100万円前後で行われます、フローリング張替え、ふすま、障子、クロスの張替えなども合計100~150万円ほどの費用がかかります。

司令官

  • 目標:リフォーム資金を
  • 趣味:今は貯金。。
BACK TO TOP